躁うつの話題でなくてもOK!何気ないこと, 日常のこと, と言ったって日常と躁うつは切っても切れないので笑
躁うつ関連ももちろんありです♪

おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
修正・削除用パスワード (英数字8文字以内)
数字認証 (右の4桁の数字を入力してください。) 数字認証
文字色
icon
小さなボディーガード  コペンハーゲンの青空
2019/12/03(Tue) 22:23 No.27618 [返信]

愛犬がまるで私のボディーガードかのように、
家の中にいても ピッタリくっついてきて離れようとしないのです。
希死念慮がある時でも、愛犬はピッタリ離れません。
私が疲れて寝室に向かう時も、一緒についてきます。
実際には行動を起こす勇気はないので
「大丈夫だよ」と愛犬に話しかけてしまいます。
私の希死念慮がまるで分かっているかのような密着ぶりです。
自死を免れて、食い止めになっているのは、
愛犬のおかげかもしれません。

関東ウェーブが冊子に掲載されました  りさ
2019/11/28(Thu) 08:57 No.27605 [返信]

お知らせが遅れましたが、
東京ボランティアセンター・市民活動センター発行の「セルフヘルプという力」という連載(冊子「ネットワーク」8月号)に関東ウェーブの会が掲載されました。東ボラさんの了承を得て転載させていただきました。^_^

是非読んで下さいー!

http://www.bipolar.ac/kanto/report/data/archive/powerofselfhelpgroup.pdf

シンプルかつ素晴らしいポリシー   yuko
2019/11/28(Thu) 19:48 No.27606
りささん、こんにちは。

冊子を読んで、この会の「すべての躁鬱病者に開かれ、誰も排除しない」という原則というか覚悟はすごいなあ、とあらためて思いました。

ウエーブの会という場所を維持してくださってありがとうございます。私も年に一度くらいは例会に参加したいです。
ありがとうございます   りさ
2019/11/28(Thu) 20:00 No.27607
yukoさんへ

読んでくださって、ありがとうございます!

東ボラのスタッフさんが私たちのインタビューを本当に上手くまとめてくださいました。

なんで排除をしないことにこだわるの?と疑問に思う方も多いと思うのですが、社会からそもそも疎外されていることにこの病気のエッセンスがあるからということがよく分かる記事にしていただいたと思います。

是非お会いできれば嬉しいです!

ではでは>w<

りさ
正しいけど困難なことですよね   yuko
2019/11/28(Thu) 21:46 No.27608

りささん、早速のレス、嬉しいです!

この病気の性質を考えると、安易に排除しないという考えは重要だし正しいと思います。

でも、お題目だけでなく実行し続けるのがどんなに大変なことか。ほんとうに頭が下がります。

こうやってネットで関われるのは有難いけど、やっぱり直接お会いしたいですね。今のまあまあ安定した状態が続けば、2月の例会には参加できるかも・・・

実現させるためにも、無理しないよう心掛けて生活します。
私もそう思いました   儀助
2019/11/30(Sat) 05:49 No.27609
これを読んだとき、精神科の先生が書いたような文章かと思うぐらいうまくまとめて書かれていると思いました。

喋ったことを後からうまくまとめたとしたら、凄いですね。

それとも、文字で書いた用紙を渡したのでしょうか。

躁うつ病と心の部屋の掲示板は、アクセスも多くとても良かったのですが、掲示板が荒れるたびに、書き込みに対する規則が多くなり、それによって、管理人さんが疲弊していった印象でした。

例会で直接会って、話をしてお互い体験や知識を深めることは、心の癒しになります。
儀助さんは長く関わっておられるのですね   yuko
2019/11/30(Sat) 15:03 No.27610
こんにちは。まだまだ新参者のyukoです。

ここの掲示板に書き込める時の私は「通常の状態」ではありません。
「鬱で外出はできないけど家でネットはできる時」限定です。

体が動くようになったら、たまった用事を片付けるのにネットをする余裕がなくなって、パタリとご無沙汰になります。(決してこの会を軽んじているわけではないのですが)

なので、フラットな時の私はここには来ないのです。

なので、もし関東に住んでいて、どんな状態でも月に一度は例会に出向いて、時には普通の状態で皆さんにお会いできたらいいな、と思います。(このスレッドにあまり関係ない発言でごめんなさいね)
古参ですね   儀助
2019/11/30(Sat) 21:07 No.27612
yukoさんそうです。古参です。

関西ウェーブの立ち上げから参加していました。
その頃は、エルダーさんがかなり積極的に動いていたと思います。

関西ウェーブのホームページはエルダーさんが作りました

大阪でオフ会をしていて、レストランやカラオケルームで話をしていました。

レストランでの会話はやはり周りの目を気にしながらの会話でした。

私も東京のオフ会は遠いので、参加は無理と思っていましたが、ゴタゴタがあったとき、自分の意見を言うのに新幹線で日帰りしたところ、それなりに参加時間がとれたので、日帰り参加をしていました。
今の会場の場所が、日帰りできるのに好都合でした。

次参加するときは、日帰りせずに、ネットカフェでも泊まって翌日東京観光でもして帰ります。

せっかく東京まで高い新幹線代を払って行くので、日帰りはもったいないです。

今の関東ウェーブは、畳の部屋で気兼ねなく話ができる環境です。
場所はどうやってみつけたのですか?   言の葉
2019/12/03(Tue) 19:48 No.27613
ちょっと前から、場所の掲示がされるようになって、一度行ってみたいと思って調べてみたら、都心のほうにある施設だったので、こんないいところ、高いんだろうなと思って問い合わせたら、使用料はかからないそうで。

どうやってみつけたのですか?

当方は躁うつ病当事者です。
儀助さん、言の葉さんへ   りさ
2019/12/03(Tue) 19:53 No.27614
儀助さん

ちょっと遠征していたり、今運営交流会の準備していたりしてせっかくご感想いただいたのにちゃんと返事したいなと思っているのにできていません。すみません。とりあえず感謝の言葉だけ残させて下さい。またお返事させてくださいね!

言の葉さんへ

こんばんは!

関東ウェーブの会ができる以前のオフ会が障害者福祉会館でお壊れていたことを引き継いだものですが、具体的に誰がどのようにして見つけたのかはもう古いことなのでちょっと分かりません。ごめんなさいね。ほんと便利なとこです。

りさ
誤字でした   りさ
2019/12/03(Tue) 19:55 No.27615
でお壊れていたこと→行われていた、でした。
素早い返事ありがとうございます   言の葉
2019/12/03(Tue) 19:59 No.27616
関東ウェーブができる前から、皆さん、ご存じのところだったのですね。

経過がわからないとのことですが、それほど前から、共有されていた場所だったのですね。

新参者は敷居が高いです^^;
ななさんへ  つぼっち
2019/11/26(Tue) 07:09 No.27590 [返信]

おはようございます。
ななさんが、記事を削除されたこと、私はその気持ち、分かると思います。
ななさんが削除したほうが良いと感じてそうしたことは、間違いではないと思います。
私は、ななさんの記事に不快な気持ちは持ちませんでしたが、ななさんがどう感じるかが、大事で、削除しようと思って削除したことに対しても、不快な気持ちは持っていません。
私達は同病者です。その点に於いては、他の場所よりここは安全です。
私は、同病者が落ち着いて過ごすことのできる場所があればなーと思うことがあります。現実に。静かで、規則的なな生活がおくれて、語り合い、本当の自分でいられる場所がどこか自然に囲まれていて、そこは入るのも出るのも自由で・・・夢物語のようですね。
現実の世界でタフに素を出して強く生きて行ける人達ばかりではないと思います。
ここの例会はある意味そういう場所なのでしょうが、私の場合、同病者との例会に出ても、なかなか最後までいることが困難でした。それは例会の問題ではなく、私の問題なのだと思います。

私もやはり不完全な人間です。独立して立っていられません。
辛い時は、ただただ眠るか、物語のなかに逃げ込むか、この掲示板に書いてみるか、しかありません。

また、ダラダラと書いてしまいました。
一貫性なく、矛盾ばかり。

今朝も寒いですね。お体に気を付けて。

つぼっちさんへ   なな
2019/11/27(Wed) 12:58 No.27599
こんにちは。

私のコメントに不愉快なお気持ちを持たれなかったと言っていただき、少しは救われました。お気遣いありがとうございます。つぼっちさんは優しいかたですね。

でも、不遜な文章であったことは事実で、思い返すと申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちが湧いてきます。何様のつもり?の文でしたね。

私は自分の今の状態を、うつだと思ってました。でも、思い上がった文章を書いたということを考えると、もしかしたら、軽そう、なのかもしれません。
軽そうをとても恐れています。軽そうは、1型の躁、と違って自覚するのが難しいです。
注意深く自分をモニタリングしていくつもりです。

そうですね。同病者が落ち着いて過ごせる場所があったら、ほんとにいいですね。
同病者にしか分からないことって、たくさんありますもんね。

今年は寝込んでいたら、あっという間に12月になってしまいました。
ほんとに寒くなってきましたね。
お身体どうぞご自愛ください。
全然思いませんでしたが・・・   yuko
2019/11/27(Wed) 13:42 No.27600
ななさん、横レス(←古い?)失礼します。

ななさんがご自分の記事をどう思われたかはわかりました。
でも、私はちっとも不遜だと感じませんでした。

あと、躁だったら、自分の言動を顧みたり反省したりすることはあまりないと思います。

私の場合ですが、自分の発言を他人がどう感じたかが気になるのは鬱の時です。
ありがとうございます   なな
2019/11/27(Wed) 22:43 No.27601
yukoさんに、そう言ってもらえて、ホッとしました。これで、安心して眠れそうです。ありがとうございます。

それと、おっしゃる通り、軽躁ではないかもしれないですね。躁の時、わたしの場合、自分の悪いところは気づかず、ひとの悪いところばかりが目につく嫌なやつになります。

話それますが、yukoさんの旅のお話、臨場感あって、面白かったです。
ななさん、ありがとう!   yuko
2019/11/30(Sat) 16:06 No.27611
感動した景色を写真に撮ると、たいてい似ても似つかないものになるので、つい言葉で伝えたくなります。

10年前からブログを始めると友人知人には言ってますが、「そろそろ始める詐欺」レベルの腰の重さ・・・ななさんのお言葉に力をいただいて、今度こそ始めようかと思います〜
鬱がまとわりついて、、こんな時みなさんどう過ごされていますか  コペンハーゲンの青空
2019/11/26(Tue) 20:25 No.27592 [返信]

何にもできない

鬱が辛くて仕方がないです

気力も全然持たない、、

こんな時、どんなふうに過ごしたらいいんだろう、、

どんな気持ちに自分を持っていけばいいのだろう、、

ひたすら 休むしかないのかな

寝込んでいても 焦らないほうがいいのかな、、

知らぬ間に 罪悪感 焦燥感 物悲しくなる感覚 不安感

交互に押し寄せてきて

どうにもならなくて、、、

もうダメだー!となって 書き込みしてしまいました。

こんな時、どうしたらよいのか、またわからなくなってしまいました。

新月、満月と水星逆行   ひーさま
2019/11/27(Wed) 09:43 No.27597
おはようございます。

一つの情報として。

私は占星術を利用しています。
27日の午前0時過ぎが新月でした。
新月満月の前後で、人は体調を崩しやすくなります。
また水星逆行と言われる三週間ほどは、日常生活でもボタンのかけ違いや遅延などが起こり、私は鬱になりやすくなります。

なので、「新月だから調子が今ひとつなんだな。 これが過ぎれば元に戻るかも」と様子を見ることができます。

私は石井ゆかりさんの占星術を利用います。
彼女の占いはネガティブな表現があまり出てこないので、占いを読んで脅かされるということがあまりありません。 逆に希望を持って待っていたけど大したことなかったということもままありましたが、日々の生活に彩りを添えるものとして活用しています。

「筋トレ」というサイトで無料で読めますので、宜しかったら、ご覧になって下さいね。
おつらいですね・・・   yuko
2019/11/27(Wed) 12:28 No.27598

こんにちは。しんどい状況ですね。

つぼっちさんと同じく、私も自分の体験をお伝えしますね。
参考になれば幸いです。

私が鬱の時は・・・

しなくてはいけない事も、したい事も、全然できないでいる事自体が精神的につらい。体は動かないのに、頭の中では自分で自分を責める言葉が次々湧いて来て、毎日が拷問のようです。一秒が過ぎるのが長く感じます。

そういう日が続いて、もうどうしていいかわからなくて、ここの掲示板にSOSを出したことがあります。そして、いくつかアドバイスをいただきました。

その中で、効果があったのは、外に出ることでした。

といっても、体力気力が0に近いので、着替えて出かけるなんてとても無理。上着を着て、庭に出るのが精一杯でした。

でも、家の外には生き物がたくさんいて・・・風にあたりながら、雑草の花や、きれいなカナヘビ(爬虫類がお嫌いならごめんなさいね)をじーっと見ているうちに、ぐるぐるした考えが消えて行きました。(体は相変わらずしんどかったけど)

マンションの場合はベランダでも、ベランダがなければ窓を開けるだけでも。自分の内側に向いた五感を外に向けると、何かを感じると思います。

あと、私の場合、動けるようになろうとか、気持ちを上げようとかすること自体、かえってつらかったです。思い通りにならない自分をさらに責めることになるだけでした。

でも、外に出ると、自分を責める考えから目がそれて、それだけで、ずいぶん楽になりました。

あと、これも私の場合ですが、「つらいよー!」と声を上げられるようになったら、底をついたサインです。

なので、コペンハーゲンの青空さんも、浮上が始まる日は近いのではないかと思いますよ。
ひーさま さんへ   コペンハーゲンの青空
2019/11/28(Thu) 07:51 No.27603
アドバイスありがとうございます!
嬉しかったです!

占星術を使って自分の今の状態を客観的に判断していく、、
自分の状態にあたふたせず、
冷静に見られそうですね。
これは初めて聞きました。
新月と満月の前後は
体調が崩れやすい、、、
私にも当てはまるかもしれません。

筋トレ 見てみます!
yukoさんへ   コペンハーゲンの青空
2019/11/28(Thu) 07:58 No.27604
アドバイスありがとうございます!
嬉しかったです!

旅先はアイスランドだったのですね!
温泉が有名なことだけは知っていました。
福岡の年末と同じくらいの感じだったのですね。
遠方の旅の話もありがとうございました!

もうダメだー!と声をあげたというのは、底に足が着いた状態、まさに
そんな感じがしてきました。
底なし沼にいるような感覚でいましたが、
底があって良かった。
また浮上していけそうかな、
いや、底まで着いたから、
次は浮上していくだけだ、、
そう思えて心底ホッとしました。

内側に向いた五感を外に向ける
たしかに 玄関から少しでも外に出ると
鳥の鳴き声が聞こえてきたり 空を見上げたり、、深呼吸してみます。
つぼっちさんへ  コペンハーゲンの青空
2019/11/26(Tue) 21:29 No.27593 [返信]

雨ばかり続きますね。
同じ県内です。
雨の中、通院するのもしんどいですよね。
健診の結果が何も異常がなくて良かったですね。

この病を、理解してもらいたい、
せめて理解しようとしてほしい、
私もそう思います。

取り急ぎ   つぼっち
2019/11/26(Tue) 21:36 No.27594
これからバイト入ります。緊張してます。
明日朝にでも書き込ませて頂きます。
寒いです。
コペンハーゲンの青空さんへ   つぼっち
2019/11/27(Wed) 03:28 No.27596
こんばんは。
バイトから帰って来ました。ずっと、鬱のひどい状態にいるコペンハーゲンの青空さんに、何と言葉をかけてあげられるか、考えていました。
私のことを話すしか、私にはできないことがわかりました。
私が最初に精神科に行ったのは2002年の秋なので、もう17年前になります。不安神経症から鬱病、そして双極性障害と病名は変わって行きました。今まで4回県立精神医療センターのストレスケア病棟に入院しました。
そこでは、認知行動療法、カウンセリング、作業療法、磁気治療などを行いました。私はそこの主治医をとても尊敬して良い信頼関係が作れたので、通常は近所のクリニックに通っていますが、鬱がひどくなると、クリニックの先生に紹介状を書いてもらい、そのストレスケア病棟に自分から入院します。2ヶ月程の入院が多いですが、毎回救われています。県立精神医療センターは横浜市の芹が谷というところにあります。
今はきれいな大きい病院になりました。昔は森のなかにひっそりと立つ古い病院でした。
私には鬱がひどくなったら、そこに入院すれば何とかなるという安心のようなものがあるので、入院のイメージは悪くないです。
それがコペンハーゲンの青空さんに当てはまるかは、わかりませんが・・
私はラミクタールとソラナックス、エビリファイ、などの薬を飲んでいます。抗うつ薬は、かつてパキシルを使っていましたが、全く効果がなく、今はラミクタールが柱となっています。
双極性障害と不安障害の2つの厄介な病名がついています。

かつてあったものは、この17年であらかた失いました。

今は病気に理解のある20歳年上の女性と同居しています。その人と同居するようになってからも入院はしていますが、かつてのような長期に渡る深い鬱は、遠ざかっています。

つぼっちさんへ   コペンハーゲンの青空
2019/11/28(Thu) 07:48 No.27602
アドバイスありがとうございます。
夜間お仕事をされているのですね。
おつかれのところを、返信くださって、ありがとうございます。
嬉しかったです。

県立精神医療センター、聞いたことがあります。横浜市内にあるのですね。私は川崎の済生会病院の精神科病棟に2ヶ月入院していました。
電気ショックを与える治療も何度かしました。再度入院というのは今の私には難しいので、

いつも通っている心療内科で、
カウンセリング、認知行動療法はまだやったことがないので、機会を見つけて 試してみようかなと思っています。

ラミクタール、エビリファイは私も服用しています。病に理解のある人がそばにいてくれる というのは心強いことですね。
how to pair apple watch to new iphone watch kino  Vzopd
2019/11/26(Tue) 22:50 Home No.27595 [返信]

where to watch hereditary смотреть http://bofilm.ru/s/how+to+watch+international+netflix онлайн how to watch any movie for free

how to watch pga championship watch tv  Vshjg
2019/11/26(Tue) 11:56 Home No.27591 [返信]

where can i watch descendants смотреть http://bofilm.ru/s/black+and+rose+gold+mens+watch онлайн how does a watch work

仕事ができない  つぼっち
2019/11/21(Thu) 04:06 No.27562 [返信]

こんばんは。今日は店が混んで、今仕事から帰って来ました。
風邪をひいたり、腸の調子が悪かったり、体調がダウンしていて、yukoさんや、ななさんや、コペンハーゲンの青空さんに返信を書けなかったこと、申し訳なく思っています。
仕事でも、ミスが続いています。
私は、介護の仕事も少しだけやりましたが、主に飲食の仕事に関わって来ました。
思うこと、あります。
飲食店のキッチンで働く場合、ほんと運動神経と注意力が試されます。私が言うのもおこがましいですが、料理は、美術的な要素と運動神経と人間性と、もちろん味覚と色んな要素が試されますが、私は、運動神経がないので、仕事が遅い・・・早くやろうとするとミスばかり・・・今のファミレスでの仕事は運動神経と注意力のみが必要とされています。ので、私はおそらくあまりパッとしないバイトのオジサンです。
仕事場に入る前は不安に押し潰されそうになりますが、なんとか行って、一応体を動かして汗流して仕事はしています。短時間ですが。仕事にお金のみを求めてやっているつもりでしたが、ミスが続くとメンタルの弱い私はしんどくなります。
今は視野がすごく狭くなっているので、ろくなこと書かないと思いますので、読み流してください。親父のぼやきです。
良く飲食店で仕事をしていると、あいつは使えない、こいつは使えるという言葉を耳にします。他の仕事場でもそうなんでしょうね。それと同じくらい、あいつは仕事が早い。こいつは遅い、という言葉も良く耳にします。
早いことがとにかく素晴らしい世界。
私には、ついていけません。
今日もたぶん何か抜けているんだろうと思います。
とても消耗します。

今さらメンタル強くなるなんて無理。運動神経バリバリになるなんてもっと無理。

お金は安定します。それは嬉しいです。

でも、ほんとは、偉そうなことを言うと、やはり今の飲食の在り方が変わってくれると良いなーと思います。
私が30年前に始めた頃の方がまだ楽しい要素が有りました。今の人達に言わせるとどんぶり勘定なんでしょうが。
むかしは良かった何て言うのは、年取った証拠ですね。

第一、今は料理してませんから・・・

すみません。深夜の?明け方の?ぼやきでした。

包丁を使って仕事がしたいなー

追記   つぼっち
2019/11/21(Thu) 06:12 No.27563
パッとしない、そう、パッとしないんです。
質より量の仕事ですね・・・   yuko
2019/11/21(Thu) 13:45 No.27564
つぼっちさん、お仕事ご苦労様です。

前のスレッドへのお返事は、私は全然気にしてないです。長くなりすぎたから、そろそろ終了かな〜と思ってるところです。

ファミレスのお仕事は大変でしょうね。
特に、料理人のつぼっちさんにとっては・・・

食べるのが大好きな私としては、飲食店には量より質で勝負してほしいんですが、その逆のところが多いと思います。

とはいえ、生きて行くのにお金は必要ですし・・・

私が大金持ちのマダムだったら、つぼっちさんにお店を持たせて、「気が向いた日に、良い材料が手に入った時だけ開けてくれたらいいから」なんて言えるのになあ。

現実的に役に立たないレスでごめんなさい(-_-;)💦
マダム   つぼっち
2019/11/21(Thu) 16:39 No.27565
マダムはたまに店にやって来ます。高そうな毛皮を着て、ピンヒールの音をコツコツと立てて。キッチンにつかつかと入って来て、「今日は何を作るの?」とコックに尋ね、「縞鯵のカルパッチョとカサゴのアクアパッツァ、肉は牛ヒレのパイ包み焼きです。」とコックが答えると、パチンと指を鳴らして、「牡蠣も使ってちょうだい」と、去って行きます。高そうな香水の香りを残して。

実際の私は、口のはしっこに泡つけて、必死で洗い物したり、ゴミ捨てたり、機器類を掃除したりの毎日。
そこには、ピンヒールも毛皮もないし、高そうな香水の香りもしません。汗と油の匂いのみ。

yukoさん、私は料理人なんて高尚な部類の人間ではないのです。でも、そう呼ばれると悪い気はしませんね(笑)

今日、明日は、おやすみです。
リセットしたいと思います。
それにしてもアイスランド!飛行機の乗れない私には大冒険に聞こえます。

ゆっくり休めますように   yuko
2019/11/21(Thu) 20:41 No.27567
つぼっちさん、こんばんは。

マダム物語、おもしろかったです! しかし、キッチンに香水つけて入ったらイカンのでは・・

久しぶりに、つぼっちさんの料理メニューを拝見しました。カサゴとか縞アジとか美味しそう。でも、買えても私には料理できないな。

ファミレスの仕事がどんなものかは、知っています。ほんとに大変だと思います。クローズで働かれてるつぼっちさんの頑張りは、すごいです。

私も日々「ザ・主婦」って感じで、私なりに頑張ってます。スーパーの赤札が2割引きならガッカリし、半額シールを見ると心が踊ります。

今日の夕食は、半額の和牛スネ肉をブラウンマッシュルームで煮込み、投げ売りしてた規格外(小さい)のしおれたズッキーニをこんがり焼いて添えて、けっこう豪華でした。

つぼっちさんのたまった心身の疲れが、今日明日の休みで消えてくれますように。

追伸:アイスランド行は、今の私の状況を考えると、冒険というより蛮行でした。生まれて初めて外国でレンタカーも運転もしました。できないと思っていた事がいくつもできて、「なんもできない」と思っていた自分の事を見直しました。
ななさん   つぼっち
2019/11/22(Fri) 15:52 No.27570
返信の件、許してくれてありがとうございました。
また、私のコメントに共感してくださって、嬉しいです。
少しずつでも、体調が安定していってくれると楽なんですが、体調を整えても、すぐに崩れてしまって、バイト以外の外出は、近所のスーパーに行くくらいで、後はほとんどの時間をベッドで過ごしています。

参考になるレス頂きありがとうございました。
雨と独り言   つぼっち
2019/11/23(Sat) 00:43 No.27572
昨日一日中降り続いた雨が日付けを越えても、まだ止まないでいます。冷たい雨です。左の肘が痛みます。
一番大事なのは自分だと思っても良いのですね。
自分を徹底的に信じても良いのですね。
皆、敵だ。笑顔でナイフを隠し持ってくる敵だ。
身を守ることだ。生き残るんだ。

これは独り言です。レスはお気になさらずに。
悪夢   つぼっち
2019/11/23(Sat) 05:04 No.27573
少し寝ましたが、悪夢を見て起きました。
いけません。不安定です。鬱ではないのですが、不安定です。
不規則な生活が安定を奪っています。
でも、私もななさんと同様、この仕事にしがみつきたいと思っているので、できなくても、包丁使えなくても、何とか続くと良いと思っているので。

今まで、多重人格とか考えたことなかったのですが、あまりに自分の中の矛盾に遭遇すると、まるで人格が変わってしまったようだなーと思う時があります。
考えすぎだとは思いますが。
緩和策として   ひーさま
2019/11/23(Sat) 06:53 No.27574
おはようございます。

自分の経験から緩和策になるかもしれないという案を書きます。
企業は一定の人数の障害者を雇うことが義務付けられています。
なので、つぼっちさんの働くファミレスで障害者枠で働けないか聞いてみることが出来ると思います。
自分で聞けなくても、お近くの就労支援センターなどに相談してみると良いです。
そうすれば何かいい案が見つかるかもしれません。
障害者を雇う場合、私が経験したような企業努力のようなものをお願いすることができます。
休んだりすることもしやすいと聞きます。
ダメ元でもいいから、相談してみてはと思います。
老婆心ながら。
身体を大切に。
もし辞めることになっても、そちらで働いた経験は決して無駄にはなりません。
ひーさまへ   つぼっち
2019/11/23(Sat) 15:36 No.27575
レスありがとうございます。
前回、私は障害者枠で居酒屋で働いた経験があります。
その時は、やはり雇用保険に入るように言われ、週20時間でしたっけ?そうしないと企業も障害者を雇っているというメリットがないからでしょうか?とにかく自分にはちょっと労働時間が長くなってしまったみたいで、ダウンしてしまったのです。
それを教訓に今回は短い時間で一般枠で、やってみています。しかし、やはり世の中は私のためにある訳もなく、我慢する部分も勿論あるので、いくら短い時間にしても、それなりの問題は出てきますね。

今夜、仕事です。私のしていることは無駄にならない。
力強いメッセージを、ありがとうございます。
ひーさまも、体調に気を付けてくださいね。
そうでした   ひーさま
2019/11/23(Sat) 16:47 No.27576
つぼっちさん、ごめんなさい。
自分が例のファストフードで週6時間しか働いていないもので、週20時間の件をすっかり忘れていました。
お返事は気になさらずに   ひーさま
2019/11/23(Sat) 17:36 No.27578
つぼっちさんが大好きだから書きますね。

「それを教訓に今回は短い時間で一般枠で、やってみています。しかし、やはり世の中は私のためにある訳もなく、我慢する部分も勿論あるので、いくら短い時間にしても、それなりの問題は出てきますね。」

外側に見える問題は、実は自分の内側にあります。
だから、カウンセリングなりなんなりで、自分の内側を癒やすことが先決です。
一所懸命で頑張れば、困難に見えても、道は拓けます。

私は断薬してから12年かかりました。
気に障ったのなら申し訳ないです   yuko
2019/11/23(Sat) 20:24 No.27579
つぼっちさん、こんばんは。

今は料理の話や夢物語をするような時ではなかったのかもしれませんね・・・

リアルの世界だと相手の反応や表情を見ながら話題を選んだり変えたりできるのですが、掲示板だと無神経な発言をしてしまうんじゃないか、と思いました。

もし私の発言がつぼっちさんを嫌な気持ちにしてしまったのなら申し訳ありません。

私には傷つきやすい同病者さんとコミュニケーションする力はないかもしれません・・・
返事はお気になさらず part 2   ひーさま
2019/11/23(Sat) 21:41 No.27581
つぼっちさんへ

惚れっぽい人は、異性のカウンセラーはNGですよ。
私も男性カウンセラーに惚れてしまい、残念ながら効果ゼロでした。
次に受けるなら、同性のカウンセラーがいいでしょう。
日本でなら教育分析を受けた臨床心理士の資格を持つ人がいいです。
双極性障害に立ち向かうには本格派がいいです。

私は今女性の心理士から箱庭療法を受けています。
紆余曲折ありましたが、この一年で大きな収穫がありました。
あと一、二年は受けるつもりでいます^_^
短い返信ですみません。   つぼっち
2019/11/24(Sun) 02:45 No.27582
ひーさま、yukoさん、ありがとうございます。
今、仕事から帰って来ました。
お二人からのコメントにとても勇気づけられました。

yukoさん、私はyukoさんとの会話の中で、嫌な思いをしたことは、1度もありません。どうかこれからも話させてください。

ひーさま、カウンセリングの件。真剣に考えてみます。
あたたかいコメントに心がほぐされました。
ありがとうございます。
つぼっちさんへ   コペンハーゲンの青空
2019/11/25(Mon) 05:44 No.27584
つぼっちさん
返信 お気になさらないでくださいね、
私も体調がまあまあいい時にしか書き込みができないですし。
少し動いては休み、這い上がるように起き出してまた動き、、の状態で
なんとか生きてる感じです。

双極性障害の苦しさ しんどさ 同じように感じている状況なので
つぼっちさんの大変な状況もお察しします。

この体調の波と向き合いながら、
作業所通ったり、仕事に就いているみなさんを
心から尊敬します。
コペンハーゲンの青空さんへ   つぼっち
2019/11/25(Mon) 09:20 No.27585
おはようございます。
私は神奈川県在住です。こちらは最近雨ばかりで、鬱陶しいです。今日も小雨降るなか隣駅の内科まで来ました。今、終わって喫茶店にいます。大腸がん検診の結果を聞きに来ました。セーフでした。ホッとしてます。
私は不安が強いので、ハラハラしてました。

内科に精神科にと、病院ばかり忙しいです。

仕事と病院以外は、ほぼ寝ている私です。
夜はあまり眠れず、昼間はこんこんと眠ります。
規則的な生活がしたいです。
良かった・・・   yuko
2019/11/25(Mon) 11:22 No.27586
つぼっちさん、こんにちは。

私の言葉がつぼっちさんに嫌な思いをさせてないと聞いて、ほっとしました。

「皆、敵だ。笑顔でナイフを隠し持ってくる敵だ」←この言葉がすごく響いたので(私も鬱の時は、まさにこのように感じます)「あ〜やっちゃったかなあ」と心配しました。

ツラくてツラくてたまらない時、家族も周囲の人達も、カウンセラーさんも、医師も、皆優しくしてくれます。

でも、彼らのトンチンカンな励まし、健康体なのに「私も同じだよ」などと言う雑な同情、非現実的なアドバイス、どれもグサッと、まさにナイフのように私の心に突き刺さります。しんどいと、善意だけをくみ取るなどという芸当ができなくなるのです。

その結果、「誰もわかってくれない。皆無理解で無神経だ」と感じ、世界から孤立したような気分になります。

もしかしたら、つぼっちさんも鬱の時は私と同じようになるのなら、余計な事おしゃべりするのではなかったなあ、と思ったのですが、つぼっちさんが私ほどひねくれてなくて良かった・・・

私も、また、つぼっちさんと鬱のツラさや料理の話をしたいです。でも、あんまりいっぺんにたくさん書きこまず、少しずつキャッチボールを心掛けたいです。これからもよろしくお願いしますね。
追伸   yuko
2019/11/25(Mon) 11:26 No.27587

検査結果がシロで良かったです。

今年は季節の変わり目が例年より長く続いている感じがします。
どうぞお体を大事になさってくださいね。
ナイフ   つぼっち
2019/11/25(Mon) 22:28 No.27588
私には、私以外につぼっちを名乗る人間が二人います。
2つ年下の弟と、育ての親である叔母です。
二人とも私の病気には無理解です。私は理解は求めてはいないのですが、私が病気のことを話す時、せめて嫌な顔をせずに聞いてもらいたかった。
叔母とは絶縁しました。とても困難でしたが、母が死んだら、絶縁できました。
弟は、私が無理して元気を装い笑い話をしていると機嫌が良く、少し心の話を真面目にしようとすると、露骨に嫌な顔をします。
弟、叔母、元妻、元義父、元義母。
そんな人達に私はナイフで切られてきたのだと思います。
彼らは常識的で、働き者で、良く笑い、しっかりしています。そして見事な切れ味のナイフを持っています。

気づくのが遅すぎました。随分と無理をして彼らの世界に適応しようとしていました。

これからは、素の私でいられる場所を増やせて行けたらと思っています。
訂正   つぼっち
2019/11/26(Tue) 06:11 No.27589
理解は求めてはいないのですが、というのは、間違いでした。私は、理解してほしいと思っています。きっと、切に思っています。
無題  ひーさま
2019/11/24(Sun) 08:25 No.27583 [返信]

掲示板で相手のことを考えてコメントしたはずなのに、あとで心の声が「不遜だったのではないか?」、「場違いだったのではないか?」などと言ってくることがよくあります。自分の中から自分の考えとして湧いてくるから、否定のしようがなく自分の声に傷ついて、相手に謝ったりコメントを削除したりする。

私もよくやりました。でもこの声は本当は幼い頃に自分を批判した親兄弟の声だったり、学校や会社などの集団の中で交わされる批判だったり、そんなものが自分の中に巣食っているのです。

ネット掲示板は、ここいらが限界です。誰でもアクセスできる分公衆に晒されているから人の目が気になります。 存在意義がないと言っているのではありません。
一人一人が自分の心を人目のつかないところで大事に大事に癒していくこと。
一度双極性障害に罹患した限りは、最後まで諦めずに自分の心と向き合わなければ、心に平安はありません。
一人で難しければ、カウンセラーという伴走者を雇った方がいいです。 そのために軽いバイトや作業所などで働くのもありです。
その際には、ほんの入り口で合わないからといって断念しないでください。 双極性障害の人はとても大きく傷ついています。 カウンセラーとの人間関係を築くのも、じっくりじっくり、疑いながらも良くなりたい気持ちを忘れないでください。

それから前にも書きましたが、カウンセラーに恋愛依存しちゃうと元も子もありませんから、心配なら同性のカウンセラーをお勧めします(ヘテロセクシュアルの場合)

就労援助センターに助けられたこと  ひーさま
2019/11/22(Fri) 00:21 No.27568 [返信]

こんばんは。
私は約1年前に作業所に通いはじめました。
そこで就労援助センターというものがあることを知りました。
就労援助センターとは、「就労に際し継続的なフォローを必要とする障害のある方を対象に、職業能力に応じた就労の場の確保と職場定着に必要な支援を行う場所」であり、公益法人・社会福祉法人・NPOなどで運営されています。

私は10月の終わりからこの就労援助センターを通してファストフードのお店にバイトとして就職しました。障害をオープンにして働くのは初めてでした。何度かクローズドで働いて続けられなくなったので、作業所で働き始めた時に好感触を得て、「障害を表に出した方が自分にとって楽だ」と思いました。

といっても実際企業の中でオープンで働くとはどんな感じかわからなかったので、ドキドキだったし、なんなら今でもドキドキしながらやっています。 笑

私は幼児虐待を受けたことがあり、人前では怖いので非常に真面目で良い人として振舞います。なので、ファストフード店の歯車となる作業に生真面目の取り組んだ結果、仕事から帰ったら寝たきりで早朝覚醒を起こすようになりました。今週の月曜日にはこれ以上は耐えられないと、まず援助センターの担当者に面談の予約を取りました。

週3日勤務でギリギリ次の勤務の前日の午後に予約が取れました。センターの担当者に事情を話すと、「向こうは貴女がどれくらいの仕事が出来るか試しにやらせてみただけかもしれません。 ゆくゆくは一人前にならなくてはいけないかもしれませんが、まだ始めたばかりですし、もう少し緩やかな仕事に変更できないが交渉してみましょう」と言われました。 とは言っても次の勤務は翌朝の8時です。その時間帯には社員は誰も来ないことがわかり、センターの担当者はたまたま同じ町に住んでいて、私の出勤に合わせて店に来てくれてマネージャーと交渉してくれたのでした。相談の時には、「主治医との面接はいつ? 今進めるのが強引すぎるのかどうかは主治医に聞いてみないとわからないからね」とも言われました。

当日の朝、店でどんな話をしたのかその場に居なかったのでわかりませんが、担当者は、「やはりやらせてみて様子を見てたらしいよ。『無理してるな〜』と思ってたらし
い。『あの人真面目ですもんね』って、バレてたよ 笑。 今日のところはマネージャーさんが無理だと思ったら直ぐに声掛けて欲しい』って。 私の方から店長や上の人にも相談しておくから、何か困ったことがあったら私に連絡してね」と言われました。

それから継続支援というのが市の制度の中にあり、三年間企業と文章を取り交わして目標を決めてそれに向かってやっていくということが出来るそうです。文章で残すので、「言った、言わない」にならずに、企業に違うことを要求されることを防ぐことが出来るらしいです。 私は担当者が信頼できる人なので、勧めてくれるものはなんでもやってみようと思いました。

処理 記事No パスワード

- JoyfulNote -